北海道限定ネタ :
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,504 5℃
年末年始は例年よりずいぶん長く、一週間実家で過ごしました。

帰ってきた自宅の室温は5℃



写真では5.7℃になってますが、まず帰って一直線でストーブ点火、水道の元栓を開けて水抜きを復旧。トイレでほっと一息ついたあと(笑)の写真なので、その間に0.7℃上がりました。

壁と床の底冷え、ハンパない。
一度冷え切った壁や床が暖まるには2~3日かかります。これが北海道の冬。

うちなんか、鉄筋マンションで階下にも人が住んでいるので、まだマシなほうです。

冬の長期外出で心配なのが水道の凍結

「外気温がマイナス4度を下回ったら就寝前に水道管の水抜きをしましょう」と推奨されています。

しかしこの水抜きという作業、水道の元栓を閉じ、キッチン洗面所トイレ浴室、水道管の中に残った水を全て排出し、管を空っぽにする作業は結構大変なのです。

夜、家にいる日は心配もしていないのですが、出張も多いので数日留守にする時はいつも悩む。
面倒くさいのと不安解消の狭間で悩む。むむむ。

今回、外気温がマイナス10度を下回る日も多かった中、一週間家を空けて室温5度ならば持ち堪えられるのではないか?とも思ったのだが、、、

万が一、水道が凍結するとどうなるか!

水道管の中の水が凍る=水が出ない。
ここまではまだいい。溶かせばよいのだから。部屋を暖めるだけで復旧する軽度のものから、業者に頼んで数千円~(上限は知らないけど…)コースまで程度は様々。

恐ろしいのが水道管破裂
水は凍ると膨張します。それが水道管の中で起こると最悪鉄管が破裂します。マンションなど集合住宅では、自分の部屋だけではなく、下の階まで水浸し。
多額の修理費&損害賠償。

友達などに聞くと「水抜きしたことない」「あんたの部屋も大丈夫だよ」なんて言う人も結構いるのですが、
この水道管破裂が怖くて、チキンな私は真冬に2泊以上留守にするときはせっせと水抜きするわけであります。

たまに帰ってきて元栓開けたとたんに、水抜き用の蛇口を閉め忘れていて、そこからザバーッと部屋に水を撒き散らすことがあっても(←ばか)やめられないのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ランキングに参加してみました。
ポチっと押していただけるとテンションあがります!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
目指せランキング100位以内!
(それでいいのかw。)

}
スポンサーサイト
No,431 プレミアム商品券、眠っていませんか?
札幌市発行のプレミアム商品券、使用期限が迫っています。
1月31日までに使わないと、ただの紙切れになりますのでご注意!!!

昨日のニュースで、まだ未使用のプレミアム商品券が9億円分もあると報じられていました。(全国じゃないですよ?札幌市だけで9億です!)
まぁ、使ってない人は“使わなくても生活できてる人”だからいいのかなf^_^;)

市民からの声で、「もっと周知しなければいけない」「そもそも売り切れで買えなかったので不公平」「商品券あるからって無駄遣いして結局損した」とかのご意見が紹介されていましたが、私のご意見はっきり言っちゃいますよ?『甘えてんじゃね~よっ!』って感じです。

有効期限は買った時に確認しているはずだし、取扱各店舗にも「1/31日まで」ってポスターべたべた貼ってあります。
このひとは、忘れん坊の自業自得うっかりさんのために新聞広告やテレビCMバンバンやれとでも言うのでしょうか?戸別にハガキやチラシを配れと言うのでしょうか?市税をバンバン使って。

“買えなかった”については、札幌は行列もなく、しばらく余裕で買えました。
一次販売終了予定の少し前に完売して、二次発売はなかったですけど、私が買った時には、本当はひとり一回一冊の購入でしたが“何冊ご希望ですか?”って言われましたよ(笑)
なので、買えなかったというより“そんなに買う気もなかった”ってことでしょう。

無駄遣いは…できる経済状況だから、しちゃったんですよ。
私くらいのプロの貧乏になると無駄遣いという思考回路はなくなるんですよ。
責めはしません。使えるひとはどんどん使って経済回してください(←これはマジ!私にはできないから…)

自分のこと棚に上げて何かといちゃもんつけたがるひとが、世の中多いなぁ。。

それはさておき、このプレミアム商品券、私は3日前に最後の一枚を業務スーパーの見切り品お魚類購入でしっかり使い切りました。

4冊買って、丸々1冊分はずっと前から欲しかった家電に化け、後の3冊は1枚づつちょこちょこお買い物に。
あと1冊くらい買っておいてもよかったかな~って感じかな?

最初は使えるとこ全部使ってたんですけど、残り5枚くらいになってからは、カード払いできるお店では使わず(カードのポイント1%もったいないから)、現金払いのお店か、プレミアム商品券使うと特典あるお店に限って使ってました。

余ったら備蓄のきく米や乾物でも買おうと思ってましたが、きれいさっぱりいい感じに使い切りました。

やっぱり私、節約買いのプロ!(えっへん。)



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ランキングに参加してみました。
ポチっと押していただけるとテンションあがります!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
目指せランキング100位以内!
(それでいいのかw。)

}


No,376 ウィズユーカードの払い戻しは忘れずに!
札幌市営交通の共通ウィズユーカード(地下鉄・市電・一部のバスなどで使えるプリペイドカード)が、先月、3月31日をもって廃止になりました。

随分前から札幌市はICカード「SAPICA」(例のIC駄洒落シリーズ。サッと出してピッとタッチするカード、だったっけ?ま、どーでもいい) を推進してきたわけですが「サピカの良いところは専用改札がいつでも空いていることくらい」と揶揄されるほどなかなか普及せず、札幌市側が業を煮やして強硬手段に出た感じ。

私も頑なにウィズユーカード派でした。
割引率はサピカ・ウィズユー両カード共に10%ですが、ウィズユーカードの1番高額な10,000円プリペイドだけ15%お得な11,500円分使えるという特典がありましたから。
10時~16時まで限定で使える『昼割カード』(2,000円で販売、2,500円分の利用可)というのもあったのですが、これも一足先に廃止されてます。


サピカ他 ICカードのデポジットというシステムがどうも気に食わないのです。

預り金。家賃の敷金みたいなもんですよね、そんな制度をカードに流用するなよと(-。-;
最終的に返納したら300円返すよ、と言うことですが、遠くへお引越しとかで確実に100%使わなくなる以外はだらだらと持ち続けるひとが多いと思うのですよ。それを見越してデポジットや自動チャージされ続ける端額の残金をもらっちゃえ。というセコい考えが本音なのでは?と勘ぐりたくもなります。

ま、どうあがいても使えなくなったものはどうしようもないし…。
ウィズユーカードの残額、忘れないうちに払い戻してきました。



使い残し430円ありましたが、割引率のぶんだけ払い戻しも割引かれて380円返ってきました。

記名SAPICAも作りました。
引き落としに使うクレジット会社が「サピカのチャージ設定で1000円分のポイントプレゼントキャンペーン」をやっていたので、デポジットの300円は、まあ。



このカード、無くしたり壊れたりすると再発行手数料取られますからね。
経年劣化で擦り切れて小汚くなっても取り替えるには手数料かかりますからね(>_<)
使わない日は大切に神棚にでも祀っておいたほうがいいかも知れません。

ウィズユーカードの払い戻し期限は5年間ありますが、忘れないうちに早めに窓口で手続きして、払い戻しの済んだカードはキッチン・スクレイパーとして鍋やフライパンの汚れ落としに使いましょう。


No,325 数年に一度の大寒波襲来?
ニュースや天気予報では「17日から18日にかけて数年に一度の猛吹雪」「立っていられないほどの暴風と一歩先の視界もないほどの大雪に注意」「不要な外出は控えてください!」と、盛んに警告されている真っ最中の北海道。

天気図の見かたなんかよくわからない私でも“おぉ!こ、これは!”と思うような低気圧の渦。

北海道、飲み込まれています…‼︎

我が街、札幌市は17日は予想に反して穏やかに過ぎ、今、夜中から雪がしんしんと降り始めています。

明日はどうなるやら…。
大雪被害は道東オホーツク海側だけで収束するのか、こちらまでやって来るのか、まだわかりません。

本当に暴風雪が襲来したら、停電くらいは覚悟しておかなければ!
風雪や車の事故などで電柱がなぎ倒されでもしたら電気の供給なんか即アウトです。

電気が止まったらどうなるか考える…

こたつは使えない。灯油ストーブも点火に電気が必要なのでアウト。暖をとる手段が必要です。

情報を得る手段はスマホか。
コンセント以外からも充電できるように。

冷蔵庫は使えなく…ても問題ない。
ストーブなければ部屋全体が大きな冷蔵庫になるし、外は巨大冷凍庫だ。


とりあえず、カセットコンロのガスボンベを多めに買い、車のガソリンを満タンにしておきました。

カセットコンロ使えれば

温かいごはん作れるし、簡易的な暖房にもなるし(実際リビングでカセットコンロ料理して暖房費節約したりしてますから)、ガスの炎は明かりにもなります。

車のエンジンかかれば

ヒーターで暖まれるし、ラジオ聴けるし、シガーソケットからスマホの充電も可能です。

カセットボンベもガソリンも普段使うものですから、余計な出費にはなりません。

何事もなければ “あーよかった”で済ませれば良いのです。

発電機や電気のいらないストーブ、など、起こるかわからない災害のために普段使わないものを余分に買っておく経済的な余裕はありません。

でも特別にお金をかけなくてもできる防災準備はたくさんあります。

車がないから、カセットコンロが無いから真似できないとか、知ったこっちゃありません。

予想された災害なのですから、
それぞれ自分のライフスタイルに合わせて、無理のない範囲でできる災害対策をしっかりと!



No,311 マッサンのふるさと 余市「柿崎商店」
朝ドラ『マッサン』で、にわかに盛り上がっている余市町。
余市の駅を出ると真正面にマッサンが創業したニッカウヰスキーがありますが、
こちらも駅近にある「柿崎商店」安い・うまいで有名な、行列のできるお店です。
一階が商店で二階が食堂になっています。

派手なオレンジ色の建物なのですぐにわかります。



数年ぶりに言ったのですが、ホッケ定食が600円。。
あれ?(数年)前は300円台だったのに・・・ホッケも小さくなってる(これは時期の関係かな?)

うに丼も、以前はウニ一折ついてきて自分でご飯に乗っけて食べる豪快なシステムだったのに、丼として完成形ででてきてました。
色々物価もあがってるから、仕方がないんでしょうけれど・・・。

それでも新鮮な海鮮がお安く食べられることには違いなく、お昼時には2階へつながる階段の下まで行列ができるお店です。

マッサン観光へおいでの際には、ニッカのレストランはお高めなので(笑)お昼の時間をちょっとずらして柿崎商店でお昼。食後にニッカの無料試飲でウイスキー・アップルワイン・リンゴジュースをいただくのがよろしいかと。(^-^)

柿崎商店 海鮮工房 (食べログ)




Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。