No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,103 東京貧乏旅行 5月編 part-6 ~羽田泊~
この旅、最後にして最大のイベント?羽田空港泊!

帰りの飛行機が朝イチ。6:05発なのですよ。

渋谷のネットカフェに泊まっていたら、電車の始発に間に合いません。
選択肢は、蒲田のネットカフェに泊まって始発のバスorモノレールに乗るか
前日に羽田入りするか・・・。

始発、緊張するなー。乗り継ぎとか、ひとつでも失敗したら飛行機乗り遅れるなんて・・・


羽田は、国際線ターミナルが24時間眠らない空港になったので、そこで夜明かしが出来る。
やってみよー(^O^)/

羽田空港 国際線ターミナルに着いたのが深夜0:00頃。
まずは明日のバス乗り場を下見。
ターミナル間無料連絡バスが朝5時から5分間隔で出てるので、これに乗って国内線ターミナルへ行けばよい。

バス乗り場からすぐ空港内に入った1階ロビーには、24時間営業のローソンがあって
ベンチもあって、トイレも近い。

ここのベンチの1列を自分の陣地とする。

節電のせいかかなり薄暗いけど、深夜だし、別にこれでいい。
空港内にいるのはどうみても明日の始発を待つひとばかりのよう。国際線の利用客っぽい人はほとんどいません。
ほとんど日本人だし、警備員さんもたくさんいて常に巡回してるので、セキュリティー面もそれほど心配なさそう。
難を言えば、ちょっと寒い。

深夜のターミナルビル見学しようと思ってたのに、疲れて動けなくなったので写真も報告もなしです。
ベンチで少し仮眠。ここで本気寝して寝坊したらどーしよー!?ってのが一番心配で、うたた寝程度にしか寝られなかったけど、それも心配ないみたい。
周りにはかなりガッツリ本気寝してる人もおられました。

朝4時になると空港全体が起き出します。音楽が鳴って、館内放送がかかり、国際線早朝便の搭乗案内。

朝5時。始発の無料バスに乗って国内線ターミナルへ。かなり満席。
無事、搭乗手続きを済ませ、搭乗口の前で寝るZzz…。

DSC02426_convert_20110626225055.jpg

飛行機のなかで寝るZzz…。

千歳⇒札幌JRの中で寝るZzz…。

かなり疲れるからあんまりやりたくないけど
羽田空港で夜明かし、充分可能だということは解った。


【 シリーズ : 東京貧乏旅行 5月編 】

part-1 ~ネットカフェ泊~
part-2 ~スカイツリー~
part-3 ~パンダ~
part-4 ~横浜~
part-5 ~鎌倉~
part-6 ~羽田泊~




コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。