No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,105 拾得物!
まだ残雪が残る頃、郵便局のATMで2万円拾った。

直前に利用してた人の忘れ物なのはあきらかだし、わざわざ降ろしたお金がなかったらすぐ気付くでしょ。って思って、善良な私は窓口に届けた。

ところが3日後、郵便局から電話があり
持ち主は現れず、ATMの履歴調べて持ち主の通帳名義は判明したけど電話は現在使われておりません。住所も変わってしまって本州のどこかに引っ越してるみたいだと。
これ以上の追跡はできないので警察に届けましたから、3ヶ月経っても持ち主出てこなかったらあなたのものになりますから。って。

警察からも電話「こちら○○警察署ですが、あの、事件とかではないのですが…」と前置きされてから遺失物法の説明うんぬん。
やっぱり突然警察から電話なんかあったら、色んな想像が脳裏を駆け巡って動揺するひと多いんだろう…。

で、もし持ち主見つかった場合、貴方には1割から2割の取り分を請求する権利がありますが権利を行使されますか?みたいなことを聞かれる。

ホンネ言えば欲しいけどぉ、請求する権利を行使とか言われると何か無理矢理ぶん取るっぽくて嫌でしょー。
相手に気持ちがあれば有難くいただきたいけど、私みたいな貧乏なひとだったら全額返してあげたいし…という優柔不断は警察では通用しないらしい。いるのか、いらないか、2択。

で、「それは結構です」と返事したら
では3ヶ月経って持ち主が現れなかったら貴方が所有権を手にすることができますが、辞退すれば、国のために正しく使われます。どうしますか?と。

「それは私が頂きます」即答。

3ヵ月後、警察からお手紙届いた。

DSC02495_convert_20110701151617.jpg

すぐ取りに行くのも、がっついてるみたいで恥ずかしいので(笑)少し経ってから行ってきた。

DVC00026_convert_20110701151700.jpg

待ちに待った2万円、GET。

DVC00035_convert_20110701151739.jpg

そのままお向かいの郵便局で、その日が期限の国民健康保険料を納めたら、きれいに消えました。

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。