No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,134 交通費ゼロ。自転車で京都巡り
朝ごはんは昨夜買っっておいた100円ローソンのおにぎりなどで済ませ、
宿泊先のホテルシャトレーイン京都
で自転車をお借りして、本日は京都市内観光、いってきます(^o^)/

DVC00020_convert_20120124115506.jpg

まずは【平安神宮】
めずらしくここは無料で拝観料できるんですねー。(一部、裏のお庭は有料)
紅葉の季節だったら行きたいなって思ったけど、今回は無料ゾーンのみで。

DSC02995_convert_20120124115554.jpg

続いて【銀閣寺】
ここはお金払わないと、これっぽっちも銀閣を見せてもらえません。
ってことで、「おーここが銀閣寺(のある場所)か~…」と境内案内板を見て、妄想して、以上。
ざっくりした観光だわー。

DSC02998_convert_20120124115808.jpg

来た方向へUターンするように【哲学の道】をチャリンコで滑走♪
時期が良ければ桜や紅葉を愛でながらゆっくりお散歩なんて風流な情景が似合うんでしょうが
今は哲学の道的にはオフ・シーズン。
歩いてる人もほとんどいなくて、そのおかげで自転車スイスイ。気持ちいーい。
頭の中では“しろつめくさの~ はながさいたら さあ!いこ~お ラスカール♪”エンドレス熱唱。


銀閣寺から結構距離あったのですが、次に訪れたのは【清水寺】

DSC03013_convert_20120124115912.jpg

ここはちょっと念入りに拝観。

随求堂(ずいぐどう)胎内めぐり というのがあって
観音様の胎内に見立てた真っ暗闇の地下に潜って、闇の中に1ヶ所だけ薄ぼんやり明かりの灯った梵字の刻まれた石(石臼みたいにゴロゴロ回る)を撫で回して願掛けしてくるというアトラクション風なものがあったのでやってみました。
受付のおじさんに100円払うと靴を入れる袋を渡され(土足禁止)
“財布はしっかりしまってから入ってくださいねー。落としたら真っ暗で拾えません。全部お賽銭になりますよー”
目を瞑るより更に真っ暗闇の中、左手の壁に沿って張り巡らされた手すり代わりの数珠を頼りに地下空間へと進み(階段ではなくスロープ)石をなでなでして戻ってくる3分くらいのコース。

見えないから、前の人にぶつかっちゃったり後ろの人にどつかれたり。
きゃーきゃー言ってる人もけっこういたから、案内人のおじさんが言うように“心静かに念じましょう”は無理ですけど、こんな真っ暗闇はめったに体験できるものじゃないし、100円で遊べるアトラクションとしては面白かった。(信心深くなくてゴメンナサイ)

境内もじっくり散策。

おー!今年の漢字だー!
DSC03009_convert_20120124120312.jpg

有名な清水のジャンプ台舞台も見学して
高校の修学旅行以来の清水寺拝観でした。


で、この辺神社仏閣の密集地。
清水寺の境内かなーっておもってたらもう違うお寺だったり、わけわかんないくらい密集。

案内板を見ると、大河・龍馬伝で一世風靡した坂本龍馬さまのお墓が近くにあるみたいなので探してみる。

あった。
DSC03032_convert_20120124120920.jpg

入場口にはゲートがあって、300円投入すると墓地の中に入れてもらえる。
え?墓地まで有料!?しかもゲート前には福山雅治グッズ!さすが関西、商魂逞しい。

龍馬のお墓は思いのほか質素。あれだけの有名人だからもっと立派なお墓があると思ってたけど、こんなでした。
DSC03029_convert_20120124121209.jpg
左が坂本龍馬。右が共に暗殺された中岡慎太郎のお墓。


この日の観光はここまで。前回バスで回ったときよりずーっといろんな所行けた。
VIVA!!ちゃりんこ(^O^)v

一度ホテルに戻り、自転車を返して、夜はライブ観賞。夕食もそこで。

充実の京都おひとりさま旅、満喫。


会計報告
平安神宮でお賽銭 50円
駐輪場 100円
清水寺 拝観料 300円
    胎内めぐり 100円
    お賽銭 5円×2枚
龍馬のお墓入場料 300円
ペットボトルの水 120円
ライブ&ごはん 6000円くらい
計 7,000円くらい



コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。