No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,191 自動車保険が安くなる方法!
自動車保険、補償はしっかりと!でもなるべく安くしたい!

おすすめは、ダイレクト保険(通販型保険)です。
わたし優良ドライバーですので、まだ事故って補償請求とかしたことないので
その辺の対応は残念ながら!?わからないのですが、
営業さんの人件費とかいらない分、安くできてるのだと思うので
そう心配ないと思ってます。

実際、車を買い替えたときにちょっとネットの手続き方法わかんなくなって電話しましたけど、24時間対応で親切に説明してくれましたし、バッテリーあがりで付帯の無料ロードサービス使った時も、迅速丁寧でした。

ネットで手続き全部済ませられるし、営業さんから電話かかってきたり
更新のたびに自宅に来られたりするのもウザいと感じるタイプなので
ダイレクト保険のほうが私的のは好都合です。

そして、いろんなポイントサイト経由で比較見積もりを取ると、ポイント貯まります♪

今回は、
【げん玉】→bang! 1600円分ポイント

【ポイントインカム】→Goo-net 1155円分ポイント

【ポイントインカム】→イオン保険 600円分ポイント

【ドル箱】→価格.com 1050円分ポイント

【楽天】→インズウェブ 1200円分ポイント

【楽天保険】 1111円分ポイント

で、最終的に
【Get Money】→NTTイフ 経由で、SBI損保と契約して 1200円分ポイント獲得

の予定。全部承認されれば、見積もり請求で7916円分のポイントGET!です。

ただ、見積もり取るときには個人情報さらしまくりですけど。
車のナンバーから、現在の保険証券番号、免許書の番号までさらせと言ってくる比較サイトもあります。
なので、7916円は個人情報売買料と考えても良いのかも知れません。

高いか安いか、感じ方は貴方次第!

保険料は補償内容によって大きく変わりますが、
私の場合、SBI損保と三井ダイレクトが安かったです。
同じ内容でも保険会社によって数万円の差がありました。

今までは三井ダイレクトだったのですが、今回はSBI損保で年払い19790円。
ポイント差し引き、12,000円弱の保険料で済みました。

ダイレクト保険なんてない時代の話ですが、初めて車を買った20年近く前に
初めて支払った自動車保険が年間20万円!だったことを考えると、
今日はパーーーッと飲みにでも出かけたい気分です。



コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。