No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,214 さよならNTT。
電電公社と呼ばれた時代から、切っても切れない縁でお付き合いしてきたNTTですが
このたび、すっきりサッパリお別れいたしました。

過去記事 【電話とかプロバイダーとか、まじめに見直す】

ってかんじで、諸々見直しました。そしてdocomoの携帯と一緒に、NTT東日本ともサヨナラしました。


最初は、プロバイダーを安いやつに乗り換えようと思ってたんだけど
今のご時世、もう電話回線なくてもネットできるんですってね~(無知。このへん音痴。)

一人暮らしはじめた時、まだ携帯電話なんてなかった時代、必然的に家電話(イエデン)は必要な時代でした。

携帯が普及してからも、社会人たるもの家に電話がないなんて信用が得られない。みたいな風潮もあったり。

そんなこんなで長いお付き合いでしたが、もうPCのネット接続にしか回線使ってないし、かかってくる電話は勧誘ばっかり(必要な電話は携帯にかかってくる)だから着信音OFFにして留守電のまま放置しだし、
仕事関係で、頑なにFAXで資料送ってきていた某社も最近、PDFでメール添付というワザを覚えたし。

ひとつ気がかりと言えば、持ってる電話番号が携帯1台だけになっちゃうんで、懸賞申し込む時とかに携帯の番号書くのはヤダよね。ってくらい?

いろいろ事務手続き的な紙にも携帯の番号書くのは気が進まない・・・けど、そんな年に数回遭遇する不都合のために月々1750円、年間2万1000円払うのかい?NO!

手続きは電話1本で簡単に済みました。webでもいいみたいです。

参考:【電話の休止・解約】NTT東日本

解約だと、手続きにお金は一切かかりません。すべての権利が消滅して終わりです。

「電話の権利は資産だから」と、不要になったら買い取ってもらえることを前提に保証金のようなもんだと思って7万円も払って権利を買ったのは、遠い昔の物語。
返ってくるものも一切ございません。

それもちょっとくやしいので、私は一応「休止」扱いに。

もし、甥っ子とか結婚して所帯持ったりしたら使うかな?
誰か親しいひとがお店持ったり商売はじめた時にあげてもいいし。
ま、一応預かり賃2100円払っときました。

棚を一段占領していたFAX電話機。壊れかけてて、何もしてないのに真夜中にピッ!って音とともにディスプレイがボワッと緑に光る電話機、ごみ袋に入れてやりました。

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。