No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,226 通信費、断捨離ダイエットの道 ~白戸家の奇妙な店員さん~
『通信費、断捨離ダイエットの道』第二話にして、早くも脱線
余談です。
家の近くにはソフトバンクショップが徒歩圏内に2件あって、店舗面積の大きそうなA店に行ってみました。

iphoneを買うことはほぼ決めていたのですが、実家(かな~り田舎)で使えるかなー?っていうのがちょっと気がかりだったので聞いてみたんです。
「調べたらカバーエリアには入ってるんですけど、実際はだめってこともあり得ますか?」って。

ギリでカバーエリアには入っているものの、地元の友達・親戚、誰もiphone使ってなかったから。


この質問が気に入らなかったのか(ほんと、ちなみに…って感じで聞いただけで、そんな失礼な聞き方もしてないはずなんですけど…)
担当のお兄さん
「それならばドコモさん使い続けたほうがいいと思いますよ」
「どうしてもiphoneにこだわるのならば、auに行ってみたらですか?」
「私はiphoneより他のスマートフォンのほうがいいと思いますけどね」

なんかもう苦笑いするしかない感じで(^_^; 思わず聞いてしまいました。

“アンチiphone派ですか?”

「そうじゃなくって!買ってからやっぱり使えなかったとかって言われるようなら買っていただかないほうがいいかと」

あ・・・?え・・・?既にあたしクレーマー扱い?このひと最近クレームつけられて傷になってるのかしら?だからって客(私)に八つ当たりは・・・

で、私が“とりあえずカタログとか頂いてってもいいですか?”って帰る伏線張ると
「ちょっと待っててください。いま御実家に一番近いショップに電話して調べますから」と。

もう、どっちにしてもこのひとから買う気はないので(私も嫌だけど、お兄さんも私のことはなっから毛嫌いしてるの丸解りな態度だし…)閉店になる前にもうひとつのB店に行きたいよぅ。。

調べた結果、カバーエリアの地図を広げてくれて「このようにエリアには入ってるんですけどギリギリなんですよ。なので市街地は大丈夫だと思うんですけど、端のほうはもしかしたら圏外かもしれませんね」と。

(心の声)うん、そこまではその地図見て、自分で調べて、知ってるんだ・・・。

そして次に出てきた言葉「ほら、僕だってね、こうやってちゃんと調べたりしてるじゃないですかぁ?」

(だめだ・・・このお兄ちゃんの話、だまって聞いてるの疲れる。そろそろ説教始めそうだ、私…)

“そうですね、ちょっと考えてみます。色々ありがとうございました”と、かろうじて残ってる気力を振り絞り、作り笑いでさようなら。

かなり心が折れそうになったけど、ここで諦めたらまた2年間docomoのガラケー・・・

ドコモの更新月は8月いっぱい。今日はもう月末29日。あと3日しかない。

今のは事故だったんだ・・・。つぎのお店にはきっといい店員さんがいるに違いないのだ・・・。

ちょっと気持ち落ち込みドヨ~ンとしながらも、もうひとつの白戸家B店へ向かいました。

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。