No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,325 数年に一度の大寒波襲来?
ニュースや天気予報では「17日から18日にかけて数年に一度の猛吹雪」「立っていられないほどの暴風と一歩先の視界もないほどの大雪に注意」「不要な外出は控えてください!」と、盛んに警告されている真っ最中の北海道。

天気図の見かたなんかよくわからない私でも“おぉ!こ、これは!”と思うような低気圧の渦。

北海道、飲み込まれています…‼︎

我が街、札幌市は17日は予想に反して穏やかに過ぎ、今、夜中から雪がしんしんと降り始めています。

明日はどうなるやら…。
大雪被害は道東オホーツク海側だけで収束するのか、こちらまでやって来るのか、まだわかりません。

本当に暴風雪が襲来したら、停電くらいは覚悟しておかなければ!
風雪や車の事故などで電柱がなぎ倒されでもしたら電気の供給なんか即アウトです。

電気が止まったらどうなるか考える…

こたつは使えない。灯油ストーブも点火に電気が必要なのでアウト。暖をとる手段が必要です。

情報を得る手段はスマホか。
コンセント以外からも充電できるように。

冷蔵庫は使えなく…ても問題ない。
ストーブなければ部屋全体が大きな冷蔵庫になるし、外は巨大冷凍庫だ。


とりあえず、カセットコンロのガスボンベを多めに買い、車のガソリンを満タンにしておきました。

カセットコンロ使えれば

温かいごはん作れるし、簡易的な暖房にもなるし(実際リビングでカセットコンロ料理して暖房費節約したりしてますから)、ガスの炎は明かりにもなります。

車のエンジンかかれば

ヒーターで暖まれるし、ラジオ聴けるし、シガーソケットからスマホの充電も可能です。

カセットボンベもガソリンも普段使うものですから、余計な出費にはなりません。

何事もなければ “あーよかった”で済ませれば良いのです。

発電機や電気のいらないストーブ、など、起こるかわからない災害のために普段使わないものを余分に買っておく経済的な余裕はありません。

でも特別にお金をかけなくてもできる防災準備はたくさんあります。

車がないから、カセットコンロが無いから真似できないとか、知ったこっちゃありません。

予想された災害なのですから、
それぞれ自分のライフスタイルに合わせて、無理のない範囲でできる災害対策をしっかりと!



コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。