FC2ブログ
3時のおやつは塩むすび
糸緒 結

全米が震撼した!!〜倹約家の食いしん坊が贈る 飽くなき挑戦の軌跡〜

お年玉の憂鬱

2015年01月07日
雑記 0
お正月といえば、子供の頃は何よりお年玉が楽しみでしたね~(^o^)
それが今では頭痛のタネになっとります…(~_~;)

ウチは3人兄妹ですが、年越しに実家に帰れるのは独り身の私だけなので、親がいるうちは正月くらい実家で一緒に過ごそうと決めているのですが、甥姪が8人。賑やかでいい事ですが出費がぁ…(~_~;)

もうずいぶん大きくなって、上の2人は社会人でお年玉も終了しましたが、これからどんどん高校生…そして大学生に…と先々まで考えると吐きそうです。

たくさんあげられないので、毎年なんとか趣向を凝らしてごまかそうとしてます(笑)

貯金箱に100円玉じゃらじゃら入れて渡したり、1000円札を折り紙にしたり。



今年は一律3000円+中学生チームには1000円分くらいのプレゼント付き。
小学生チームには500円くらいのオマケ付き。
来年からひとりづつ高校生になっていくのが恐怖です(苦笑)

しかもここだけの話(笑)ひとり可愛げのない奴がいるんです!

お年玉渡したらすぐ封開けて「これだけかよ」の言葉。
あげたお年玉も、他の子は買いたいもの決めて貯めてるのに、奴はゲームセンターのガチャポンで散財して、しかも景品のガチャポンはそこら中に散らかして捨てられる運命。

“オマエの今日のガチャポン代があれば、私は一ヶ月分の食費にできる!もしくは寒さに震えず今月ストーブ焚き放題だ!”と、ぶっ叩きたくなります(-。-;

可愛い子なら、自分食べなくてもお年玉あげたいって思えるけど、コイツに至っては普段の言動もいちいち上げ足取りで生意気で我が甥ながら本っ当に憎たらしいので、自分的に「お年玉をあげる」ではなく「お年玉を払わされる」という感覚になっているのがまた嫌(ここはちょっと自己嫌悪)

そんな孫でもじじばば(私の両親)は可愛いらしいので、孫を産めなかった私は両親の笑顔代だと思って今年も甥姪に「こんだけかよ」(悪かったな!)程度のお年玉を何とか工面して配ってきたのでした。

そのぶん取り返すようにガンガン飲み食いしてきましたけどね。

今日から節約ダイエットします。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック0件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
更新順
  1. NEWER ENTRY

    おフランスのお鍋をですね…

  2. OLDER ENTRY

    ムートンブーツ♪

同カテゴリ
雑記
  1. NEWER ENTRY

    節約派防災リュックの中身。

  2. OLDER ENTRY

    いちまんえん