No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,380 お金が出ていきにくくなる方法
※これはあくまで使用者の感想です。
効き目には個人差があります。


と、前書きした上で(笑)
私が長年実践している方法をご紹介します。

銀行でお札を新品の新券に替えてもらい、手持ちのお札はすべてピン札にしておくという方法です。



お財布の中のお札はいつも、折り目ひとつない新券。
すると、なんだか使うのがもったいなくなって財布の紐が固くなります。それだけです。

でも、よく「お金を雑に扱う人はお金が貯まらない」って言われます。
お財布が汚ないとか、中がレシートだらけとか良くないって。
お札の向きを揃えて入れないと、お札が窮屈がって“早くここ(この人の財布の中)から出て行こう”とする。とも言われます。

私自身、迷信とか風水的なものにも疎いのですが、新品のお札(向きも揃えてます、と言うか銀行からもらった時点で新券は向きが揃ってますので)を持っていると、他人にあげるのが惜しくなるんです(笑)
結果、財布の紐が固くなる。

銀行で無料で両替できるのは一度に20枚まで。それ以上は手数料がかかりますので、こまめにやりましょう。
とは言っても私ごとき、所持金も使う額もたいしたことないので月に一度行けば充分ですf^_^;

普段持ち歩く財布には基本、千円札しか入れていないので、おつりでシワシワのお札をもらうこともめったにありません。
たまにそういう事態になったらシワシワのお金はwaonにチャージしてしまいます。

千円札より一万円札のほうが(気分的に)もっと使いにくいので、お財布に入れるのはALL千円札でも、手持ちの現金全部を千円札にはしません。月に20枚もあれば(無料両替できる枚数ですね)それ以上使うとなると「このスベスベお肌の諭吉さんと本当にお別れしてもいいのかい?」と都度自問したり、千円札の残数で「今月使いすぎだ~」とかすぐわかりますし。(クレジットを併用しているので、そこはまあ、札の減り具合だけでは一概に言えないのですが、まあ、ひとつの目安みたいなもんです)
あと、新券はピタっとくっついて薄っぺらくなるので、同じ枚数でも少なく感じます。常に“私、お金あんまり持ってない(/ _ ; )”と感じるので、これ以上減らさないように無意識に頑張ります。

五千円札も2~3枚、新券で用意しておくと冠婚葬祭用に役立ちます。
香典に新札はタブーと言われますが、やはり人(特に身内や知人)に渡すお金は綺麗なほうが良いもの。新札に一度折り目をつけて入れるのが良いとされています。

ちなみに結婚式のご祝儀は北海道の場合、会費制で祝儀袋もなく、受付で財布からお金を出す(おつりと領収書ももらえる)システムなので、あえて新札である必要もないのですが(^_^;)

いずれにしろ、人に渡すお金も新券のほうが気持ち良いし、各種新券(二千円札を除くw。)を手元に置いています。

自分でも、貰ったおつりの千円札が偶然新品だったらちょっと嬉しくなったりしませんか?
この嬉しさがまったく理解できないぜ!って方には、まったくもって向かない節約方法となりますのでご注意ください。(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村







コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。