No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,389 ひとり暮らしと白菜1玉
頂き物の巨大な白菜。



子どもの頃は白菜の美味しさなんか分かんなかったけど、鍋物の白菜をわざわざ選んで食べるようになった時、自分の中に大人を感じたものです。

普段なら一玉買っても余裕で食べ切るのですが、なんせ他の野菜もいっぱいあるし、もう冷蔵庫にも入りきらないしで。

固い芯の部分は、1日天日干しにして軽く水分を抜いてカサを減らした所で冷凍保存。後々、お鍋なんかに使います。


外側の、ちょっと固そうな緑の葉っぱはクリームシチューになりました。


柔らかい葉っぱは千切りにしてサラダ用。
たまに「白菜生で食べれるの?」と言われることありますが、はい。キャベツ感覚でイケます。
千切りするとキッチンが散らかるので、ここは一気に、今日の分・明日の分・明後日の分まとめて。
明日の分はタッパーで良しとして、明後日の分はジャーサラダの応用。ガラス瓶に詰め込んで密閉しておけば4~5日新鮮保存できるというやつです。


冷凍庫に入りきる分だけ冷凍保存したので、ひと回り小さくなって残りは無事冷凍庫にも収まりましたので、あとは痛まない程度にゆっくりと。

白菜だけの八宝菜(一宝菜?)、浅漬け、ケチャップ煮…etc。
和洋中なんでもござれな白菜ですから、一週間や10日続いたところで飽きることもありません。(毎日同じもの食べるのは嫌な私ですが、味が変われば材料は一緒でもOKです。そうしないと貧乏暮らしは乗り切れません。)

普段でも、カット野菜は割高だし切り口から痛むのが早いので、野菜は丸ごと買うようにしています。まあ、普段は葉物野菜の買い置きはひとつだけ。キャベツ、なくなったら白菜、食べ切ったらレタス。って感じですけれど。

白菜は特に、大きくて食べ応えがあるので、冷凍できるということを覚えておくと便利です。

天日干しはしなくても大丈夫。
芯だけじゃなく柔らかい葉っぱも冷凍して大丈夫。
つまり生のままザクザク切って冷凍保存できるんです。

食べる時は自然解凍せず、凍ったまま調理。
食感はクタッとなるので、鍋物やスープの具などにオススメです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村







コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。