No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,437 北海道、冬の味覚「ごっこ汁」
真冬のこの時期だけ、お魚コーナーに並ぶ「ごっこ」

ぶよぶよヌメヌメした黒くて大きくてグロテスクな風体、でもよく見ると可愛い顔だったり(笑)

こんな感じの



ぶよんぶよん。ぬるんぬるん。

北海道でも函館近郊のひとはよく食べるけど、道東のほうに行くと“わしゃ知らん”と言われる超地域限定・季節限定の魚です。
札幌だと普通のスーパーにも並びます。

キャラクターグッズだってあります↓

ごっこティッシュBOXカバー

ごっこティッシュBOXカバー
価格:2,000円(税込、送料別)



なんだよ、これ(笑)


ちょうど今時期が旬で、安いのだとB5版サイズくらいのが丸ごと一匹パック詰めされて300~400円、地元では“奥さまお安くなってますわよ♪”というお値段で売られていることもあります。

季節ものですから、毎冬1~2回は食べるのですが、私、まだ自分で捌いたことはありません。なんか気持ち悪い(笑)

私的にはまだお買い得とは言い難いけれど、鍋物用にパック詰めされた「おつとめ品」があったので、今年初ごっこ汁にします。



この魚、醤油味のごっこ汁以外の食べ方を聞きません。

おそらく煮ても焼いても食えないから汁になったのでしょう。味噌にも合わないのでしょう。先人が散々試しての結論でしょう。私も今回は敢えて未知の世界の扉は開きません。

一匹丸ごと買ったら、何か冒険してみよう…かしら⁉︎

本来、ごっこに豆腐、ネギ、ごぼう、ジャガイモなんかが入るのですが、ウチには玉ねぎ以外ありません。
玉ねぎだけは15kgくらいあります(笑)
玉ねぎONLYでいかせていただきます。


あと、お買い得みっけの“たち”
好きなんです。タラちゃんの精巣。



結構(私には)高級食材ですから、値引シール無しでは買えません。
これは“たちポン(ポン酢あえ)”にしましょう。
それ本当は真鱈の“真だち”で作るものなんですが、それこそ高くて手がでません。
鍋とか味噌汁に使うスケトウダラの“助だち”
ごっこ汁に入れようかとも思いましたが、それだと汁椀ひとつになっちゃうので、分けました^_^;



北国の冬の味覚
「たちポン」&「ごっこ汁」
with 節分なので「鬼ころし」
日本酒に合うメニュ~!しあわせだ~♡


節分なので、恵方巻きも無理やり作りました(・∀・)ノ



冷凍ごはんにキムチ巻いただけ(笑)
恵方は見ずに、テレビ見ながら丸かじり。

見たのは録画してあった、北海道のスター大泉洋の映画「しあわせのパン」
パンのお話し見ながら、和食のビンボ飯を頬張る私。

しかも、鬼は外ではなく



殺した。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ランキングに参加してみました。
ポチっと押していただけるとテンションあがります!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
目指せランキング100位以内!
(それでいいのかw。)

}


コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。