No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,53 停電中の冷蔵庫
関東・東北地域では、電力不足による計画停電が続いています。
長丁場になりそうです。

停電中の冷蔵庫、特に冷凍庫の食材が気になりますよね。
そこで私の「貧乏人の知恵袋~節電編~」(そんなサイトはまだ実在しません。心の中にしまってありました)の中から、役に立ちそうなものをいくつかご紹介してみます。
うちでは通電中でも、節電のために普段から心がけていることですが

●停電直前・停電中に新たな食品を入れない。

●停電中は極力、冷蔵庫の開け閉めをしない。

●冷凍庫の空きスペースにジップロックに水を入れたものなどを詰めておく。

●冷凍食品は新聞紙に包んでから冷凍庫へ(保冷材も一緒に包めば更に良し)。


冷凍室は物がたくさん入っていたほうが、お互い冷やし合う効果で保冷効果がアップします。
とは言え、流通網の混乱・心無いひとたちの買い占め行動などで
日々、冷蔵庫のなかはスカスカになっていく一方・・・
水入りジップロックで増量作戦です。

冷蔵室のほうが心配な方は、停電中いくつか凍ったジップロックを冷凍室→冷蔵室に移しても良いでしょう。
次の料理に使う予定の冷凍食品があれば、停電中に冷蔵庫に移しておくとか。
その時は冷蔵室の上段に置くと効果的。冷たい空気は上から下に行きたくなる性質を持っているので。

昔の冷蔵庫は、電気使わず氷で冷やしていたくらいですから、これだけでも保冷効果はあります!

ただし、万一袋が破れたり水漏れすると悲惨なことになるので注意してくださいね!

新聞紙の保冷効果もバカにできないもんがあります。私、たまに実家から冷凍食材もらって帰るときなんかに新聞紙に包んで持って帰ってくるのですが、夏場でも2~3時間くらい溶けないんです。


ちなみに、冷蔵室は物が少ないほうが冷気の循環が良くなり効率的に冷やせます。

冷蔵室→スカスカ
冷凍室→ギュウギュウ

がベストです。


でも、今の冷蔵庫は密閉度も高いし性能も良いので、3時間程度の停電ならばそんなに神経質にならなくても大丈夫。

これから毎日いつまで続くのか・・・の計画停電ですから、
あまり神経質にならず、お気楽な気持ちで乗り切りましょう♪

だって私が子どもの頃なんて、突然の停電とか普通にあったけど(いや、そんなに昔の人間じゃないですよ。汗)
誰もうろたえず、文句も言わず、ふつーに生活してましたもの。


計画停電が終わっても、普段の節電にも役立つ方法です。
我が家はこの方法で、常に冷蔵庫の運転を一番低く設定してありますが(北海道だから夏の暑さはたかが知れてますし)
真夏でも問題ありません。

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 節約しなくっちゃ。
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。